一音の長きピアノや冬終る

  • 2017.02.05 Sunday
  • 10:18

20170204_161212.jpg

 

昨日はひさびさのびわ湖ホールにて、小菅優ピアノ・リサイタル。

小菅さんのピアノは一度聴いてみたいと思っていた。

最近の演奏者をあまり知らないが、これからの日本人ピアニストとして期待している若手。

正直、ビジュアルで売っている人ではない。

ゆえに実力でしっかり聴かせてくれる。

 

演目の前半は、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」と「ワルトシュタイン」。

言わずと知れた名曲で、帰りのお客から聞いた評と同じく「ワルトシュタイン」がよかった。

後半は、武満徹の「雨の樹 素描」の気鉢供

さらにリストの「巡礼の年 第3年」より”エステ荘の噴水”、「バラード第2番」、ワーグナーの「イゾルデの愛の死」(リスト編曲)と3曲連続で。

ワーグナーはびわ湖ホールで「ラインの黄金」が上演されることから入れられたのかもしれない。

 

スタインウェイの音が心地いい。

ピアノは弦楽器のように強弱をつけることはできないとされているが、一音をはぐくむように奏でられていた。

立春を過ぎ、暦上は春。冬の終わりを惜しむかのように。

ちなみに季語に冬惜しむはない。

冬は惜しまれるものではないということだろうが、そう思うときがあってもいいのではないか。

 

コンサート終了後、ガラス越しに琵琶湖を眺められるホール内のカフェレストランで休憩。

裸木に雀がやってきたが、一羽だけ下の枝に止まる。

定員オーバーだったのか、アウトサイダーなのか。

自分の姿もまたそこに重ねられ。

 

 

「月光」やスタインウェイの音冴えて
 

一音の長きピアノや冬終る

ただ一羽枝を違へたり寒雀

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM