粟津松彩子『句集 月牙』(永田書房)より

  • 2018.07.09 Monday
  • 22:01

 

20180709_212804.jpg

 

以前紹介した『あめつち』に続き。
こちらも同じく、ザ・ほととぎす。
ザ・花鳥諷詠。


花篝風がちぎつてゐる焔

蜻蛉の力を抜いてゐる葉先

秋日和とは歩いても憩ひても

ビール飲む自由が嫁にあるわが家

水底に景色が生れ水澄める

口漱ぐとき眦に神の梅

蜷といふものの重みのひけるみち

拝観といふ心にて見る紅葉

川上の消息伝へ秋の水

飛んでゆく蝶にまかせてゐる視線

かたわらといふ場所があり蚊遣置く

大琵琶の景を一羽の鳰がなす

膝抱いてゐる手を春の風が解く

田園は燕の景を繰り返し

旅までの残暑の日日の身を守る

風に散りをりしが雨に散る花に

どの母がどの子の母か水遊び

打水のとどかぬ箇所が待つてをり

城門を閉じだんじりの町となる

風船に映る景色と透く景色

蘂に置く蘂よりほそき蝶の足

朝寒も食卓に着くまでのこと

一家族づつに秋晴ある芝生

櫨紅葉あたりに色の無き如く

薄氷に風のかたちのありにけり

新緑としての大きさ嵐山


 

JUGEMテーマ:俳句