角川春樹『魂の一行詩 晩夏のカクテル』(日本一行詩協会)より

  • 2018.08.30 Thursday
  • 19:37

 

20180830_185149.jpg

 

カバーのピアノに置かれている手はホロヴィッツだとのこと。
ハードボイルドっぽい句は響かなかったが、心象句は抜群のセンスだと思う。
無季も交じっている。


恋の句は君にまかすと亀鳴けり

鯥五郎なにも信じてないんだな

寂として蟻のしかばね蟻が越ゆ

五月雨や時間に似たる海がある

日盛りやカーテンのなき獄の窓

言の葉を失ふために詩を書きぬ

いつぽんの木の明るさを秋といふ

今年米ピカソの顔で食ひにけり

ひとりにはひとりの時間水の秋

邯鄲をとらへてゐたる左耳

貫きし思想のごとき冬木あり

去年今年過ぎ去るものは青を帯ぶ

 

 

JUGEMテーマ:俳句

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM