村越化石『句集 端坐』(濱発行所)より

  • 2018.11.26 Monday
  • 22:05

 

20181126_211624.jpg

 

昭和57。
濱同人の著名な俳人。
盲目ということで、杖を題材にしたものなどが多い。

端居ややさびし濁世と離るるは

聖堂の大き涼しさ神ひとり

片蔭を正して一基一基の墓

幹幾つ触れ来し夏を惜しみてぞ

よき事のつづきのごとく花野に入る

十三夜失せゆくものに齢あり

冬を越すことの難くて端坐せり

粕汁をたつぷり盛られ山国や

大いなる山影の端きりぎりす

何か終へ何か始まる一焚火

霞む中ただ歩むのみ古戦場

頭の中の涼しきものをはたらかす

鉄風鈴山風ばかりうけて鳴る

存へて扇の風をふところに

毛布被て星の一つに寝るとせり

糊つよきものを着てこの夏を生く

杖に置く拳も灼くるひとつかな

福音の授かりたき日ばつた跳ぶ

もの枯れて手に一杖のありにけり

村ありぬ山の眠りをさまたげず

一樹より一とはばたきの涼風ぞ

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM