古賀まり子『句集 名残雪』(本阿弥書店)より

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 23:02

 

20190212_214034.jpg

 

1994年。
「橡」同人。第6句集。

一草に秋冷走る花鋏

水際まで尺の積雪浮寝鳥

ここまでと言ひつつ生きて鬼を打つ

黄落を誘ふほむらや筆供養

放心といふ安らぎや今日四温

京菜漬けせつせと今日は女役

栄螺選る無口を楯に島男

恋雀砂におぼるる九十九里

春一番二番急かるる稿のあり

白磁展出でて銀座の梅雨青し

子雀は庭師に馴れて安居寺

祭馬瞳涼しく水を飲む

一隅も残さず炎ゆる合戦場

滝壷を十歩離れてより涼し

餌をねだる眼白頬白あたたかし

白鳥帰り沼は光を失ひぬ

天瓜粉まだ土知らぬ土踏まず

開戦日父の忌として迎へけり

虹の橋渡りゆくごと麻酔効く

冷まじや円空の書の木端書

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM