由山滋子『句集 雪繽紛』(東京美術)

  • 2019.05.20 Monday
  • 22:06

 

20190520_204514.jpg

 

昭和60。
「かつらぎ」同人。第一句集。

夭夭の一語を識りし夜長かな

鷽替の神事に巡査もまれけり

風花の地に触るるともなく消ぬる

一束の菫をもつて存問す

群青の深雪月夜といひつべし

我が声におうと出られし裸僧

一面にしろがね光り干鰯

登りけり風土記の丘の高ければ

男山われに対する端居かな

白き鬚もつるる花は烏瓜

露の径叡山百句志し

描きしごと黒猫をりぬ芥子の花

花伝書に対して灯火親しめり

燦々と日のとどまれる牡丹かな

炉の婆は素十先生語りけり

考ふるにも似て麦を踏みにけり

避暑に読むリルケの詩集薄かりし

糞受けをつけたる騾馬や雨季終る

こもごもの息の白さや惜別す

石あれば概ね仏梅探る

ゴッホの黄ゴーギャンの茶の夏終る

かくの如く蓮は破れ道元忌

私意をはなれよの一語や翁の忌

笹鳴を相聞のごと聞きとりぬ

春月は朱欒の如し桜島

とある墓学徒兵なり花を掃く

銀漢のしぶけるごとし弥陀ヶ原

有馬山有りとも見えずしぐれけり

腰ひねり観音春を待ち給ふ

 

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM