尾亀清四郎『句集 八荒』(銀杏発行所)より

  • 2019.06.24 Monday
  • 22:02

 

20190624_213419.jpg

 


平成10。
「銀杏」主宰。第6句集。
最後はヨーロッパを旅した句で占められ、私が行ったのと近い年で同じ場所に行ってもいるが、やはり海外詠は難しいと思う。同時期の知っている場所でありながらさほど心に訴えない。いわんや知らない人ならなおさらだろう。

糶終へし糶子波止去るサングラス

甚平や傘寿の手足恙なき

くちびるの薄きを当てて瓢の笛

小きざみの時に高音を瓢の笛

神環り神馬無聊の脚か踏む

梅園の一歩に得たり一花の紅(こう)

初花をわが誕日の机上とす

祭ぎぬ着けて供奉まつ馬無聊

きしみ音も旧りたりと思ふ籐寝椅子

仏手柑の高指をこそ切りて見たし

厩(まや)出しの直ちの騎乗乙女らは

みよし野の花の遅速を谷谷に

きりきり舞の今をすとんと竹落葉

曝すなる爽雨の軸と秀雄の書

大口に嚙みしは小太刀獅子の舞ふ

書架の書を移す夜長の刻かけて

 

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM