杉本雷造『句集 昨日の翳』(卯辰山文庫)より

  • 2019.07.23 Tuesday
  • 21:58

 

20190723_212656.jpg

 

平成3。
「頂点」代表同人。
第3句集。

老梅を撫でれば眼窩ありにけり

手を拍(う)ちて雪が降りだす伊賀の里

仏顔のすこし見えたり凍雑巾

絵日傘をゆっくり廻す爆心地

流星のあとの暗がり水子塚

北枕してよく見える紅葉山

いちまいの経木となりて囀れり

赤ん坊の熟睡(うまい)のつづき鳥交る

秋の雨ふっと千人針が顕(た)ち

のどちんこ見せては嘆く盆の家

海鼠を噛む私のなかの他人なり

十指みな耶蘇名が欲しき寒茜

垂直の影と歩いて降誕祭

倒立のイエスを映す冬の川

囀りのなか赤ん坊が直立す

大硝子が通りゆくなり広島忌

白猫が横に伸びきる魂祭

暗幕に白い手がみえ聖夜劇

正面のかんばせ暗し菊人形

薄氷もここまで夜の音楽堂

十字架にわが骨格を想う冬

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
物静かな景色の句がどこか郷愁をいざなうようです。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM