中村花芙蓉『句集 ひとつぶの露』(私家版)より

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 22:57

 

 

平成1。
「雲海」「俳句作家」「水葱」同人。
半世紀もの長きをハンセン病の療養所にて過ごす。

 

 

病院の花を見に来る人のあり

火蛾かなし病める灯を夜々奪ふ

黍畑に母の声ある帰省かな

不自由は不自由として冬籠

金魚玉看護婦長が映り来る

手のとどくものの一つに蝿叩

春愁やまた偽りの手紙書く

病人を看とる病人鳥雲に

百歳の露の齢を全うす

指の無き掌よりこぼるる雛あられ

己が咳に己がめざめて個室かな

癒えたしや祭太鼓を打ちたしや

見てゐしがついに踊りの輪に入りぬ

大手術明日にひかへて昼寝かな

人知れず落葉と共に遺品焼く

天高しどこへゆくにも手をひかれ

春眠をゆり起されて検温す

ベッドよりはなれて十歩月拝む

金賞の菊も焚かれてしまひけり

寒紅や母そつくりの泣き黒子

死にもせで這ひつくばつて親鸞忌

日向ぼこおなら出る日は病よし
 

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM