小寺勇『俳句集 踏んだり蹴ったり』(文童社)より

  • 2019.10.28 Monday
  • 21:27

 

 

1990年。
日野草城門下。
無季も多く、俳句というより関西弁の川柳が多い。

ぼやき連慷慨連がおでん屋に

きつねうどんすする水洟すすりあげ

春眠に何やら刻む音コトコト

理髪師に首を預ける目借時

西日きびし同窓名簿に戦死戦死

焼べるより菊は悲鳴に似たる香を

河童忌や文学なんてみな嘘ぱち

へぼ胡瓜にへぼ茄子お前もへぼ俳人

並んで買う鯛焼尻尾まで餡が

忘年会なんぼ酔うても軍歌はNO

雑煮餅もぐもぐがたがた総入歯で

蝶の雌雄の識別眼もち貧文士

ツーダンでも満塁川藤カットバセ

酎ハイで小寺勇の良夜かな

白桃のように豊満浴衣きて

諦めることでけりつけさわやかに

夫婦喧嘩一度もしたことない冷たさ

着ぶくれて俗事の些事も句の糧に

病ともねんごろにして去年今年

寝たきりでもならな名句がそう易々

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM