野田節子『句集 糸車』(霜林発行所)より

  • 2020.07.25 Saturday
  • 23:04

 

 

昭和55。
「霜林」同人。第1句集。

舟小屋に舟無き浦曲暮遅し

湖見えて旅のはじまる花菜風

春ふかし初めて貰ふ子の名刺

湖魚売の呼ばれて返す東風の橋

春寒し拭へどくもる銀の匙

ゆく春の椅子ふかく見るミレーの絵

波見つつ春愁わかつ姉妹旅

岐れ径までの語らひ夏つばめ

碁石くづす音やメロンの冷えごろに

山頂や摑みてかたき夏の雪

山葵咲く水冷たくて村の口

夕顔のひとつ開きて母送る

向ひ家に声のとどきて島涼し

夕焼の残る室町稽古笛

詩にならぬ文字連ねをり羽蟻の夜

遠ざかる烏賊火を窓に書くたより

人形の眉ひく小筆さわやかに

話いつか旅の子のこと夜の長き

豪商の名残りつゆけき小判壺

糶あとの仔牛長鳴く尾花風

鰯干し海を表の伊根ぐらし

友待ちて光る三日の洋酒瓶

雲の間の冬日捉へて鷹翔てり

塔仰ぐ胸に冬日のとどまらず

灯を消してよりの寒さや夫の留守

道場にいまも声とぶ霜の坂

冬薔薇を剪りつつ人を信じをり

駅出でて独りは寒し低唱す

詩知りてよりの歳月梅かたし

 

JUGEMテーマ:俳句

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM