星野麥丘人『句集 燕雀」(角川書店)より

  • 2020.09.17 Thursday
  • 22:15

 

 

「鶴」主宰。第4句集。

元興寺塔阯の冬日だまりかな

帽子脱ぐ二人静にかがむため

筍飯炊くことけふのすべてなり

薔薇赤しそのほかのこと考へず

昼酒もすこし女ら鱧食うて

くつさめの夫唱婦随といふべかり

初夢に埴輪の馬を貰ひたる

杉花粉女逃げても逃げられず

 

JUGEMテーマ:俳句

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM